2019年7月版Vue.jsライブラリまとめ

【2019年7月】Vue.jsライブラリ記事まとめ

 

この記事は、当ホームページが2019年7月中に公開したVue.jsライブラリ記事のまとめです。

18個のライブラリをご紹介します。

 

Vue.jsライブラリ リンク集

1  link-prevue

 

リンクのプレビューを生成するためのコンポーネントライブラリです。
対象のURLのサイトが表示されるのではなく、メイン画像?とtitle, descriptionでサイトカードを生成しているようです。

>>記事はこちら

 

2 vue-instant

 

自動候補を含むオートコンプリートを簡単に実装できるライブラリです。

>>記事はこちら

 

3 Vuelidate

 

VuelidateはVue.js専用のバリデーションライブラリです。

vee-validateなど他にも有名なバリデーションライブリがありますが、Vuelidateはテンプレートとアプリケーションロジックが分離しているという特徴があります。

一見すると冗長に感じますが、複雑なバリデーションが必要なときに、効果的に実装することができます。

>>記事はこちら

 

4 Vue-multiselect

 

Vue-multiselect」は、Vue.js 2.0のための最も完全な選択ソリューションらしいです(公式談。

シングルセレクト、複数選択、タグ付け、ドロップダウン、フィルタリングなどを実装することができます。

>>記事はこちら

 

5 vue-color

 

vue-color」は、Sketch, Photoshop, Chromeなどのデザイン風ColorPickerを実装できるライブラリです。

>>記事はこちら

 

6 Vue-Awesome

 

Vue-Awesome」は、Font Awesomeアイコンを内蔵した、SVGアイコンコンポーネントです。

Font Awesomeは膨大な数のSVGアイコンをフリーで(一部有料)提供してくれているサイトです。

このライブラリを使うとSVGのアイコンを簡単に使用する事ができます。

>>記事はこちら

 

7 vue-upload-component

 

vue-upload-component」は、ファイルアップロードコンポーネントです。

以下の機能を実装できます。

  • ファイルアップロードコンポーネント
  • マルチファイルアップロード
  • ディレクトリのアップロード
  • ドラッグアップロード
  • ディレクトリのドラッグ
  • 同時に複数のファイルのアップロード

>>記事はこちら

 

8 vue-accordion

 

「vue-accordion」を使ってアコーディオンメニューを実装する

vue-accordion」は、アコーディオンメニューコンポーネントです。

非常にシンプルな構成で実装することが可能です。

>>記事はこちら

 

9 vue2-animate

vue2-animate」は、Vueの内蔵transitionAnimate.cssを適用させてアニメーションを実装するライブラリです。

アニメーションの種類は、BounceFadeRotateSlideZoom28種類あります。

>>記事はこちら

 

10 vue-shortkey

 

vue-shortkey」は、ショートカットキーを実装するライブラリです。

ショートカットキーによりイベントもしくはフォーカスを設定することができます。

>>記事はこちら

 

11 vuejs-paginate

「vuejs-paginate」を使ってページネーションを実装する

 

vuejs-paginate」は、ページネーションを実装するライブラリです。

シンプルなAPIで提供されており、容易に実装することができます。
CSSによってページネーションコンポーネントのスタイルをカスタマイズすることができます。

>>記事はこちら

 

12 vue-js-toggle-button

「vue-js-toggle-button」を使ってswitch ボタンを実装する

 

vue-js-toggle-button」は、switchボタンを実装するライブラリです。

シンプルなAPIで容易に実装ができます。
スイッチの大きさなどのカスタマイズを行うこともできます。

>>記事はこちら

 

13 vue-notification

「vue-notification」を使ってNotificationを実装する

 

vue-notification」は、Notificationを実装するライブラリです。

アニメーション位置などのカスタマイズを行うこともできます。

>>記事はこちら

 

14 vue-scrollto

 

vue-scrollto」は、クリックイベントによって要素までイージングスクロールを実装するライブラリです。

window.requestAnimationFrameを使用してアニメーションを実行するため、最高のパフォーマンスが得られます。
イージングはbezier-easingを使って行われます

>>記事はこちら

 

15 vue-waterfall

「vue-waterfall」でウォーターフォールレイアウトを実装する

 

vue-waterfall」はウォーターフォールレイアウトのコンポーネントを実装するライブラリです。

ウィンドウサイズの変更やwatchによる監視で、レイアウトのリフローを行う事ができます。

>>記事はこちら

 

16 VueMindmap

「VueMindmap」でマインドマップを実装する

 

VueMindmapはreact-mindmapに触発されたマインドマップを実装するライブラリです。

ノードを設定し、ノード同士をオブジェクトの配列で紐付けます。
編集モードのオンオフやスタイルの変更、サブノートの設定を行う事ができます。

>>記事はこちら

 

17 Vue-Touch-Ripple

「Vue-Touch-Ripple」でrippleを実装する

 

Vue-Touch-Rippleタッチイベントrippleを実装するライブラリです。

ripple速度透過カスタマイズすることができます。

>>記事はこちら

 

18 vue-virtual-scroll-list

「vue-virtual-scroll-list」で1万件のデータリストに仮想スクロールを実装する

 

vue-virtual-scroll-list仮想スクロールリストを実装するライブラリです。

高いスクロールパフォーマンスで大量のデータリストをサポートします。
リストのアイテムとコンポーネントが独立しています。

>>記事はこちら

 

まとめ

2019年7月版のVue.jsライブラリ記事のまとめでした。

全部で18個の記事でした。
思ったよりも数が多くてビックリしました。

今月も頑張って更新していきますので、今後とも宜しくお願いします。

 

以下、翌月のまとめ記事です。

【2019年8月】Vue.jsライブラリ記事まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください