Vue.jsを使って、もっとWordPressっぽいTinyMCE用メディアアップロードを実装する

今回は、Wordpressぽいメディアアップロードモーダルをちょっとバージョンアップをして、Vue.jsを導入しました。選択したファイルの「拡張子」とか「パス」とか「ファイル名」とかの情報を管理するのに、Vue.jsのリスト機能は理想的でした。JSON形式で情報を保持して、選択時に自動切り替え等々ができて、ちょー便利です!

fileのアップロード時にプレビューする機能を実装した

画像のアップロードを必要とするフォームを作る事になりました。
当初案ですと、入力画面にて画像を選択して、確認画面にて一旦アップロードされた画像をプレビューし、画像が間違っていたら再度入力画面に戻るというシステムが進められていました。

でもこれって、使用するユーザがページ遷移の待ち時間があるし、なによりすぐに確認できないっていうので、
ストレスが溜まる仕様です。