VueInfoCardとは

VueInfoCardは、マウスホーバーをするとクルクルと回転して裏側を表示するインフォカードコンポーネントライブラリです。

クルクル回るインフォカード「VueInfoCard」

 

インストール

以下のnpmCDNを使ってインストールします。

npm

npm i -S vue-info-card

CDN

<script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/[email protected]/dist/vue-info-card.js"></script>

 

gitリポジトリは以下から取得できます。

https://github.com/karakanb/vue-info-card

 

 

導入手順

1. ライブラリの取り込み

(1)webpack等の場合 [注意]モジュール版は未検証です。

import InfoCard from 'vue-info-card';

(2)WEBページの場合

const InfoCard  = window['vue-info-card'];

2.メソッドを設定

Vue.component に 上記で取得した InfoCard を読み込ませます。

Vue.component('info-card', InfoCard);

let app = new Vue({
  el: '#app',
  data: {
    front: {
      title: '表面',
      message: '表面のメッセージはここに表示される',
    },
    back: {
      title: '裏面',
      message: '裏面のメッセージはここに表示される',
    }
  }
});

3. テンプレートを準備

<info-card> タグを設定する。

インフォーカードに表示する内容を frontType backType プロパティでテキストか、グラフを選択できます。
今回は、デフォルトのテキストを使用します。

プロパティにはついてはこちらを参照

<div id="app">
  <info-card
     :front-title="front.title"
     :front-data="front.message"
     :back-title="back.title"
     :back-data="back.message"></info-card>
</div>

 

サンプル

>>専用ページで確認する

 

さいごに

マウスホーバーをするとクルクルと回転して裏側を表示するインフォカードコンポーネントライブラリでした。

今日はこの辺でー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください