はじめに

今回はプログレスバーを実装するライブラリ「vue-progressbar」をご紹介します。

 

 

環境

Vue.js: 2.6.10
vue-progressbar: 0.7.5

 

インストール

以下のnpmyarnCDNどれか一つを使ってインストールします。

npm

npm install vue-progressbar

yarn

yarn add vue-progressbar

CDN

<script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/vue-progressbar/dist/vue-progressbar.min.js"></script>

 

gitリポジトリは以下から取得できます。

https://github.com/hilongjw/vue-progressbar

 

導入手順

1. ライブラリの取り込み

webpack等の場合

import Vue from 'vue'
import VueProgressBar from 'vue-progressbar'

Vue.use(VueProgressBar);

WEBページの場合

Vue.use(window.VueProgressBar);

2. 起動時にプログレスバーを表示させる

new Vue({
  mounted () {
    this.$Progress.finish()
  },
  created () {
    this.$Progress.start()
    this.$router.beforeEach((to, from, next) => {
      if (to.meta.progress !== undefined) {
        let meta = to.meta.progress
        this.$Progress.parseMeta(meta)
      }
      this.$Progress.start()
      next()
    })
    this.$router.afterEach((to, from) => {
      this.$Progress.finish()
    })
  }
}).$mount('#app')

3. <vue-progress-bar>テンプレートを準備

<div id="app">
    <vue-progress-bar></vue-progress-bar>
</div>

 

デモ

>>専用ページで確認する

 

まとめ

プログレスバーを実装するライブラリ「vue-progressbar」でした。

vue-rotervue-progressbarを実装する方法は以下の記事を参考にしてください。

「vue-progressbar」をvue-routerに実装する

 

今日はこの辺でー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください