hzqing-vue-timelineとは

hzqing-vue-timelineは、年表などで良く用いられる縦型のタイムラインを実装するコンポーネントライブラリです。

レスポンシブデザインにも対応しており、背景色やコンテンツ欄の色を自由に変更することが可能です。

 

年表で使えるタイムラインを「hzqing-vue-timeline」で実装する

 

インストール

以下のnpmCDNを使ってインストールします。

npm

npm install -S hzqing-vue-timeline

CDN

<script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/[email protected]/dist/hzqing-vue-timeline.js"></script>

 

gitリポジトリは以下から取得できます。

https://github.com/mmd0308/hzqing-vue-timeline

 

 

導入手順

1. ライブラリの取り込み

(1)webpack等の場合 [注意]モジュール版は未検証です。

import hzqingVueTimeline from 'hzqing-vue-timeline'

(2)WEBページの場合

const hzqingVueTimeline = window.hzqingTimeLine.default;

2.メソッドを設定

Vue.usehzqingVueTimelineを読み込ませます。

タイムライン用のデータは配列にオブジェクト形式で設定します。
オブジェクトは以下のプロパティが設定可能です。

time 時間を設定します。
img 画像のパスを設定します。
title タイムラインのコンテンツタイトルを設定します。
content タイムラインのコンテンツ本文を設定します。

 

Vue.use(hzqingVueTimeline);

let app = new Vue({
  el: '#app',
  data: {
    timeline: [
      {
        time: '2019-11-01 14:36:35',
        img: 'https://dummyimage.com/130x120/ccc/999.png&text=image',
        title: 'ここから始まり',
        content: 'スタート地点です。'
      },
      {
        time: '2019-11-19 14:36:35',
        img: 'https://dummyimage.com/130x120/ccc/999.png&text=image',
        title: 'ここは途中',
        content: '途中です。'
      },
      {
        time: '2019-11-30 14:36:35',
        img: 'https://dummyimage.com/130x120/ccc/999.png&text=image',
        title: 'ここで終わる',
        content: 'ゴールはここです。'
      }
    ]
  }
});

3. テンプレートを準備

<hzqing-vue-timeline> 設置します。

<hzqing-vue-timeline> には以下のプロパティが設定可能です。

dataList タイムラインのデータを設定します。
timelineColor 背景色を設定します。
timeContentColor コンテンツの背景を設定します。


[注意] 
サンプルはケバブケースで記載しています。

<div id="app">
  <hzqing-vue-timeline 
    timeline-color="#5bbcd5"  
    time-content-color="#fff"
    :data-list="timeline"
  ></hzqing-vue-timeline>
</div>

 

サンプル

>>専用ページで確認する

 

さいごに

年表などで良く用いられる縦型のタイムラインを実装するコンポーネントライブラリでした。

今日はこの辺でー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください