vue-image-lightboxとは

vue-image-lightboxは、Vue.jsで作られたLightboxライブラリです。

キャプションの設定はもちろん、自動スクロール機能も内蔵されています。
他にも気の利いた機能がたくさんあります。

 

Vue.jsのLightboxは「vue-image-lightbox」で簡単に実装できる

 

インストール

以下のnpmyarnCDNを使ってインストールします。

npm

npm install vue-image-lightbox vue-lazyload

yarn

yarn add vue-image-lightbox vue-lazyload

CDN

<link rel="stylesheet" href="https://cdn.jsdelivr.net/npm/[email protected]/dist/vue-image-lightbox.min.css">
<script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/[email protected]/dist/vue-image-lightbox.min.js"></script>
<script src="https://unpkg.com/vue-lazyload/vue-lazyload.js"></script>

 

gitリポジトリは以下から取得できます。

https://github.com/pexea12/vue-image-lightbox

 

 

導入手順

1. ライブラリの取り込み

(1)webpack等の場合 [注意]モジュール版は未検証です。

import VueLazyLoad from 'vue-lazyload'
import LightBox from 'vue-image-lightbox'

(2)WEBページの場合

const LightBox = window.Lightbox.default;

2.メソッドを設定

vue-image-lightboxを使うには、vue-lazyloadが必要です。
Vue.useVueLazyloadを読み込ませます。

そして、 Vue.componentLightBox を取り込みます。

ギャラリーのデータを配列形式で imagesに用意します。
サムネイルthumbウィンドウ起動時の画像srcキャプションcaption に設定します。

Vue.use(VueLazyload, {
  preLoad: 1.3,
  error: 'https://dummyimage.com/130x120/ccc/999.png&text=Not+Found',
  loading: 'https://dummyimage.com/130x120/dcdcdc/999.png&text=Now loading',
  attempt: 1
});

Vue.component('light-box', LightBox);

let app = new Vue({
  el: '#app',
  data: {
    images: [
      {
        thumb: 'https://dummyimage.com/150x150/fcc/000.png&text=thumb1',
        src: 'https://dummyimage.com/600x600/fcc/000.png&text=Uploaded1',
        caption: 'キャプション1'
      },
      {
        thumb: 'https://dummyimage.com/150x150/fcc/000.png&text=thumb2',
        src: 'https://dummyimage.com/600x600/fcc/000.png&text=Uploaded2',
        caption: 'キャプション2'
      },
      {
        thumb: 'https://dummyimage.com/150x150/fcc/000.png&text=thumb3',
        src: 'https://dummyimage.com/600x600/fcc/000.png&text=Uploaded3',
        caption: 'キャプション3'
      }
    ]
  },
  methods: {
    show: function(index){
      this.$refs.lightbox.showImage(index)
    }
  }
});

3. テンプレートを準備

<LightBox> 設置します。

その際にタグに showLightBox プロパティに false を設定します。
この設定が無いと、ページをロードしたタイミングLightboxが起動してしまいます。

起動したいギャラリーを、images プロパティに配列で設定します。これは必須の値です。

画像のキャプションを表示したい場合は、showCaption プロパティを true にします。

画像のポップアップウィンドウ起動するために上記で設定した show メソッドをクリックイベントで起動します。
引数に画像のindexを設定します。

[注意] サンプルはケバブケースで記載しています。

<div id="app">
  <ul>
    <li v-for="(img,index) in images" @click="show(index)"><img :src="img.thumb"></li>
  </ul>
  <light-box 
    ref="lightbox"
    :images="images"
    :show-light-box="false"
    :show-caption="true"></light-box>
</div>

 

サンプル

>>専用ページで確認する

 

さいごに

Vue.jsで作られたLightboxライブラリでした。

今日はこの辺でー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください