vue2-filtersとは

12種類のフィルター処理を「vue2-filters」でサクッと一括で実装する

 

vue2-filtersは、値のフィルター処理を一括にまとめたライブラリです。
英単語の先頭を大文字にしたり、並び順を変えたりキーワードフィルタなどの処理を一括で導入することができます。
全部で12種類のフィルターが用意されています。

 

インストール

以下のnpmCDNを使ってインストールします。

npm

npm install vue2-filters

CDN

<script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/vue2-filters/dist/vue2-filters.min.js"></script>

 

gitリポジトリは以下から取得できます。

https://github.com/freearhey/vue2-filters

 

導入手順

1. ライブラリの取り込み

(1)webpack等の場合 ※モジュール版は未検証です。

import Vue2Filters from 'vue2-filters'

(2)WEBページの場合

const Vue2Filters = window.Vue2Filters;

2.メソッドを設定

let app = new Vue({
  el: '#app',
  mixins: [Vue2Filters.mixin],
  data: {
    msg: 'lorem ipsum dolor',
    amount : 12345,
    arr: ['item1','item2','item3','item4',],
    mixNum: [1,5,10,2,3,4,6],
    mixObj: [
      {no:1, text:'item1'},
      {no:5, text:'item5'},
      {no:4, text:'item4'},
      {no:10, text:'item10'},
      {no:3, text:'item3'},
      {no:2, text:'item2'}
    ],
  }
});

3. テンプレートを準備

<div id="app">
    <div class="box">
      <input type="text" v-model="msg">
      <h2>capitalize</h2>
      <p>
      変換後:{{ msg | capitalize }}
      </p>
      <h2>uppercase</h2>
      <p>
      変換後:{{ msg | uppercase  }}
      </p>
      <h2>lowercase</h2>
      <p>
      変換後:{{ msg | lowercase }}
      </p>
      <h2>placeholder</h2>
      <p>
      変換後:{{ '' | placeholder('Text if msg is missing') }}
      </p>
      <h2>truncate</h2>
      <p>
      変換後:{{ msg | truncate(10) }}
      </p>
    </div>
    <div class="box">
      <input type="number" v-model="amount">
      <h2>currency</h2>
      <p>
      変換後:{{ amount  | currency }}
      </p>
    </div>
    <div class="box">
      <div class="box2">
        <h2>ordinal</h2>
        <p>
          <ul>
            <li v-for="c in mixNum">変換後:{{ c }}{{ c | ordinal }} </li>
          </ul>
        </p>
        <h2>limitBy</h2>
        <p>
          <ul>
            <li v-for="item in limitBy(arr, 2)">変換後:{{ item }}</li>
          </ul>
        </p>
        <h2>filterBy</h2>
        <p>
          <ul>
            <li v-for="item in filterBy(mixNum, 1)">変換後:{{ item }}</li>
          </ul>
        </p>
        <h2>find</h2>
        <p>
          <ul>
            <li v-for="item in find(mixNum, 1)">変換後:{{ item }}</li>
          </ul>
        </p>
        <h2>orderBy</h2>
        <p>
          <ul>
            <li v-for="item in orderBy(mixObj, 'no')">変換後:{{ item }}</li>
          </ul>
        </p>
       </div>
       <div class="box2">
         <pre>{{mixNum}}</pre>
         <pre>{{mixObj}}</pre>
       </div>
    </div>
</div>

サンプル

>>専用ページで確認する

 

フィルターの種類

capitalize

先頭の単語を大文字に変換

{{ 'lorem ipsum dolor'| capitalize }}
// => Lorem Ipsum Dolor

文頭だけを大文字にする

{{ 'lorem ipsum dolor'| capitalize({ onlyFirstLetter: true }) }}
// => Lorem ipsum dolor

 

uppercase

すべての英単語を大文字に変換

{{ 'lorem ipsum dolor'| uppercase  }}
// => LOREM IPSUM DOLORT

 

lowercase

すべての英単語のを小文字に変換

{{ 'lorem ipsum dolor'| lowercase }}
// => lorem ipsum dolort

 

placeholder

プレースホルダーを設定

{{ '' | placeholder('Text if msg is missing') }}
// => Text if msg is missing

 

truncate

文字数制限を設定

{{ 'lorem ipsum dolor' | truncate(10) }}
// => lorem ipsu...

 

currency

千位毎にカンマを追加する

{{ 12345 | currency }}
// => $12,345.00

{{ 12345 | currency('\', 0) }}
// => \12,345

 

pluralize

英単語を複数型にする

{{ ['item1', 'items2'] | pluralize('item') }}

 

ordinal

英語の序数を検出する

<li v-for="c in [1,5,10,2,3]">変換後:{{ c }}{{ c | ordinal }} </li>
// => 1st
// => 5th
// => 10th
// => 2nd
// => 3rd

 

limitBy

ループを制限する

<li v-for="item in limitBy([1,5,10,2,3], 2)">変換後:{{ item }}</li>
// => 1
// => 5

 

filterBy

対象のキーワードを含む値を取得する

<li v-for="item in filterBy([1,5,10,2,3], 1)">変換後:{{ item }}</li>
// => 1
// => 10

オブジェクトの検索

<li v-for="item in filterBy(obj, 1, 'no')">変換後:{{ item }}</li>

 

find

対象のキーワードを含む最初の値を取得する

<li v-for="item in find([1,5,10,2,3], 1)">変換後:{{ item }}</li>
// => 1

オブジェクトの検索

<li v-for="item in find(obj, 1, 'no')">変換後:{{ item }}</li>

 

orderBy

並び順を変更する

let mixObj = [
 {no:1, text:'item1'},
 {no:5, text:'item5'},
 {no:4, text:'item4'},
 {no:10, text:'item10'},
 {no:3, text:'item3'},
 {no:2, text:'item2'}
];

<li v-for="item in orderBy(mixObj, 'no')">変換後:{{ item }}</li>
// => { "no": 1, "text": "item1" }
// => { "no": 2, "text": "item2" }
// => { "no": 3, "text": "item3" }
// => { "no": 4, "text": "item4" }
// => { "no": 5, "text": "item5" }
// => { "no": 10, "text": "item10" }

降順の場合

<li v-for="item in orderBy(mixObj, 'no', -1)">変換後:{{ item }}</li>

配列の場合

<li v-for="item in orderBy([1,5,10,2,3], true)">変換後:{{ item }}</li>

 

さいごに

値のフィルター処理を一括にまとめたライブラリでした。

今まで自作するには面倒な処理だなと思っていたのですが、これならパパっと実装できそうです。

管理人的にはここ数ヶ月で一番ヒットしたライブラリでした。

ぜひ試してみてください。

今日はこの辺でー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください