はじめに

 

V-Calendar」は、さまざま装飾を行う事ができるVueJS製のカレンダーコンポーネントです。

V-Calendarが凄いのは、言語の翻訳設定を無しでも自動で翻訳表示してくれます。

datepickerとしての機能もあります。

使い方は以下を参考

VueJS製datepickerにもなる「V-Calendar」の使い方

 

環境

Vue.js: 2.6.10
v-calendar: 0.9.7

 

インストール

以下のnpmCDNどれか一つを使ってインストールします。

npm

npm install [email protected]

CDN

<link rel='stylesheet' href='https://unpkg.com/v-calendar/lib/v-calendar.min.css'>
<script src='https://unpkg.com/v-calendar'></script>

 

gitリポジトリは以下から取得できます。

https://github.com/nathanreyes/v-calendar

 

導入手順

1. ライブラリの取り込み

webpack等の場合

import Vue from 'vue';
import VCalendar from 'v-calendar';
Vue.use(VCalendar);

 

WEBページの場合

ロードの必要はありません。

2. attrsプロパティを準備する

new Vue({
  el: '#app',
  data: { 
    attrs: [
        {
          key: 'today',
          highlight: {
            backgroundColor: '#ff8080',
          },
          dates: new Date(),
          popover: {
            label: 'メッセージを表示できます',
          },
        }
    ],
  }
})

3. <v-calendar>テンプレートを準備

<div id='app'>
  <v-calendar :attributes="attrs" ></v-calendar>         
</div>

 

デモ

>>専用ページで確認する

 

ハイライトの設定

ハイライト

new Vue({
  el: '#app',
  data: { 
    attrs: [
        {
          key: 'today',
          highlight: {
            animated: true,
            height: '1.8rem',
            backgroundColor: 'red',
            borderColor: null,
            borderWidth: '1px',
            borderStyle:'solid',
            borderRadius:'1.8rem',
            opacity: 1
          },
          dates: new Date(),
          popover: {
            label: 'メッセージを表示できます',
          },
        }
    ],
  }
})

>>専用ページで確認する

 

ドット

new Vue({
  el: '#app',
  data: { 
    attrs: [
        {
          key: 'today',
          dot: {
            diameter: '6px',
            backgroundColor: 'red',
            borderColor: null,
            borderWidth: '1px',
            borderStyle:'solid',
            borderRadius:'50%',
            opacity: 1
          },
          dates: {
            start: new Date(),
            monthlyInterval: 2,
            ordinalWeekdays: { [-1]: 6 }
          }
        }
    ],
  }
})

>>専用ページで確認する

 

バー

new Vue({
  el: '#app',
  data: { 
    attrs: [
        {
          key: 'today',
          bar: {
            height: '3px',
            backgroundColor: 'red',
            borderColor: null,
            borderWidth: '1px',
            borderStyle:'solid',
            opacity: 1
          },
          dates: {
            start: new Date(),
            monthlyInterval: 2,
            ordinalWeekdays: { [-1]: 6 }
          }
        }
    ],
  }
})

>>専用ページで確認する

範囲選択

new Vue({
  el: '#app',
  data: { 
    attrs: [
        {
          dates: [
            new Date(),
            { 
               start: new Date(2019, 5, 1), 
               end: new Date(2019, 5, 5) 
            },
            { 
               start: new Date(), 
               span: 5 
            }
          ]
        }
    ],
  }
})

>>専用ページで確認する

 

レイアウト

フルワイズ

<v-calendar is-expanded></v-calendar> 

>>専用ページで確認する


 

タイトルポジション

<v-calendar :title-position="'left'"></v-calendar>

>>専用ページで確認する


 

複数列

<v-calendar is-double-paned></v-calendar>

>>専用ページで確認する

 

まとめ

V-Calendar」いかがだったでしょうか?

管理人的には、ドキュメントもしっかり整っているので導入し易かったです。
https://vcalendar.netlify.com/

しかしこの「V-Calendar」ですが、カレンダー仮の姿だったのです・・・(むしろ着ぐるみの中身?
このライブラリはなかなか骨があるので、今週はこのライブラリの記事をまとめていこう思います。

今日はこの辺でー

 

V-Calendar」で特殊な入力のdatepickerを実装する

VueJS製datepickerにもなる「V-Calendar」の使い方

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください