vue.js

画面に雪を降らせる「vue-niege」の使い方

2019年9月4日

「vue-niege」で画面に雪を降らせる

vue-niegetとは

「vue-niege」で画面に雪を降らせる

 

vue-niegeは、画面に雪を降らせるライブラリです。

 

インストール

以下のnpmCDNを使ってインストールします。

npm

npm install --save vue-niege

CDN

<script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/[email protected]/dist/snow.umd.min.js"></script>

 

gitリポジトリは以下から取得できます。

https://github.com/P3trur0/vue-niege

 

導入手順

画面に雪を降らせます。

1. ライブラリの取り込み

(1)webpack等の場合 ※モジュール版は未検証です。

import Snow from 'vue-niege';

(2)WEBページの場合

const Snow = window.Snow.default;

2.メソッドを設定

let app = new Vue({
  el: '#app',
  components: {
    Snow,
  }
});

3. <Snow>テンプレートを準備

<div id="app">
  <Snow/>
</div>

 

サンプル

>>専用ページで確認する

 

さいごに

画面に雪を降らせるライブラリでした。
特にメリットは無いのですが、なんだか和むライブラリです。

クリスマス付近とかに使うとオサレなサイトになるかもしれません。

今日はこの辺でー

  • この記事を書いた人

カバノキ

印刷会社のWEB部隊に所属してます。 WEB制作に携わってから、もう時期10年になります。 普段の業務では、PHPをメインにサーバーサイドの言語を扱っています。 最近のお気に入りはJavascriptです。 Vue.jsを狂喜乱舞しながら、社内に布教中です。

-vue.js
-, , ,