vue-slider-componentとは

「vue-slider-component」でスライダーを実装する 19

 

vue-slider-componentは、高度にカスタマイズされたスライダーコンポーネントです。

マルチスライダー範囲指定スイッチデータなどのスライダーもサポートしています。
加えて複数のスタイルテーマが公式で用意されています。

 

インストール

以下のnpmyarnCDNを使ってインストールします。

npm

npm install vue-slider-component --save

yarn

yarn add vue-slider-component

CDN

<link rel="stylesheet" href="https://cdn.jsdelivr.net/npm/[email protected]/theme/default.css">
<script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/[email protected]/dist/vue-slider-component.umd.min.js"></script>

 

gitリポジトリは以下から取得できます。

https://github.com/NightCatSama/vue-slider-component

 

導入手順

スライダーコンポーネントを実装します。

1. ライブラリの取り込み

(1)webpack等の場合 ※モジュール版は未検証です。

import VueSlider from 'vue-slider-component'
import 'vue-slider-component/theme/default.css'

(2)WEBページの場合

const VueSlider  = window[ 'vue-slider-component' ];

2.メソッドを設定

let app = new Vue({
  el: '#app',
  components: {
    'vueSlider': VueSlider,
  },
  data: {
    divWidth:100
  },
  computed: {
    getWidth: function(){
      return this.divWidth + '%';
    }
  }
});

3. <vue-slider>テンプレートを準備

<div id="app">
  <p>
  width: {{getWidth}}
  </p>
  <div>
    <vue-slider
      ref="slider"
      v-model="divWidth"
    ></vue-slider>
  </div>
  <p :style="{'word-break': 'break-all','width': getWidth}">
      私も時間とうていその独立通りという点の限りになっなけれた。もちろん昔が専攻隊はとにかくその創設ないたいだけをきまっておいますとは#「投げ出したですが、まだには定めるないらしくますな。引込とするない事はまあ昔からけっしてたたた。ちょうど張さんの買収道これから卒業にできです善悪この権利私か周旋をといったご実在ませですですなくて、その場合は私か安危慣例でして、槙さんの事に基礎の私がいやしくも同拡張と好まて私責任をご経験にありようにやはりお奔走に思いななて、現にとうとう相違をやるうてならで訳にしたた。つまりすなわちお兄にいけのはまだ大変とあるたけれども、この監獄をはしだてという金銭をさがしまっんまし。
  </p>
</div>

 

サンプル

>>専用ページで確認する

 

色々な種類のスライダー

マルチスライダー

<div id="app">
  <div>
    <vue-slider
      ref="slider"
      v-model="value"
    ></vue-slider>
  </div>
</div>
const vueSlider = window[ 'vue-slider-component' ];

let app = new Vue({
  el: '#app',
  components: {
    'vueSlider': vueSlider,
  },
  data: {
    value: [0, 30, 50],
  }
});

>>専用ページで確認する

ドキュメント

https://nightcatsama.github.io/vue-slider-component/#/basics/simple

 

範囲指定

<div id="app">
  <div>
    <vue-slider
      ref="slider"
      v-model="value" :enable-cross="false"
    ></vue-slider>
  </div>
</div>
const vueSlider = window[ 'vue-slider-component' ];

let app = new Vue({
  el: '#app',
  components: {
    'vueSlider': vueSlider,
  },
  data: {
     value: [0, 30],
  }
});

>>専用ページで確認する

ドキュメント
https://nightcatsama.github.io/vue-slider-component/#/basics/range

 

値指定

<div id="app">
  <div>
    <vue-slider
      ref="slider"
      v-model="value"  
      :data="data"
      :marks="true"
    ></vue-slider>
  </div>
</div>
const vueSlider = window[ 'vue-slider-component' ];

let app = new Vue({
  el: '#app',
  components: {
    'vueSlider': vueSlider,
  },
  data: {
     value: 'd',
     data: ['a', 'b', 'c', 'd', 'e', 'f', 'g']
  }
});

>>専用ページで確認する

ドキュメント
https://nightcatsama.github.io/vue-slider-component/#/basics/marks

 

さいごに

スライダーコンポーネントでした。

使う場面が無さそうで、意外と使うスライダーですが、このライブラリを使うと簡単に実装できそうです。
マニュアルもしっかりできているので、非常に便利です。

今日はこの辺でー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください