はじめに

今回はjQueryでも大人気の「Dropzone」ライブラリのVueJS版をご紹介します。

 

環境

Vue.js: 2.6.10

vue2-dropzone: 3.5.9

 

インストール

以下のnpmyarnどれか一つを使ってインストールします。

npm

npm install vue2-dropzone

yarn

yarn add vue2-dropzone

 

gitリポジトリは以下から取得できます。

https://github.com/rowanwins/vue-dropzone

 

導入手順

1. ライブラリの取り込み

1.1 webpack等の場合

import vue2Dropzone from 'vue2-dropzone'
import 'vue2-dropzone/dist/vue2Dropzone.min.css'
export default {
  name: 'app',
  components: {
    vueDropzone: vue2Dropzone
  },
  data: function () {
    return {
      dropzoneOptions: {
          url: 'https://httpbin.org/post',
          thumbnailWidth: 150,
          maxFilesize: 0.5,
          dictDefaultMessage:'ファイルをドロップしてください'
      }
    }
  }
}

1.2 WEBページの場合

new Vue({
  el: "#app",
  data: {
    dropzoneOptions: {
      url: 'https://httpbin.org/post',
      thumbnailWidth: 150,
      maxFilesize: 0.5,
      dictDefaultMessage:'ファイルをドロップしてください'
    }
  },
  components: {
    vueDropzone: window.vue2Dropzone
  }
})

2. テンプレートを設置

<div id="app">
    <vue-dropzone :options="dropzoneOptions"></vue-dropzone>
</div>

 

デモ

>>専用ページで確認する

 

まとめ

以前から「Dropzone」さんにはお世話になっていたのですが、いつのまにVueJS用のライブラリが作れらていました。

実装さえできてしまえば、使い心地は今まで変わらなそうです。

VueJSのライブラリかしたので、より親和性が高まりました。

 

今日はこの辺でー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください