はじめに

期間内の日付をそれぞれ取得したい場面がたびたびあります。

普段私が使っている関数をシンプルにしたものをご紹介します。

 

環境

PHP:7.1

 

導入手順

以下のロジックを利用します。

$start = '2019-05-29';
$end = '2019-06-01';
$days = [];

// 期間内の日付をすべて取得
for($i=date('Ymd', strtotime($start)); $i<=date('Ymd', strtotime($end)); $i++)
{
   $year = substr($i, 0,4);
   $month = substr($i, 4,2);
   $day = substr($i, 6,2);

   if(checkdate ( $month , $day , $year ))
      $days[] = date('Y-m-d', strtotime($i));
}

return $days;
// => array('2019-05-29','2019-05-30','2019-05-31','2019-06-01')

$start開始日付$end終了日付を設定します。

これで対象期間内の日付を全て取得することができます。

 

まとめ

あっさとした記事ですが、私は普段からこのロジックを使っています。

日付取得で発狂する前にこのロジックを試してみてください。

今日はこの辺でー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください