[ライブラリ不要]ファイルのmultipleアップロードの画像をプレビューする

ライブラリを使わずにJavascriptだけでファイルのアップロード前に画像を確認する方法のmultiple プロパティを設定した場合の記事を書きました。
触って試せるサンプルも掲載しています。

QRコードリーダーがWEBページで?!「vue-qrcode-reader」の使い方

vue-qrcode-readerは、QRコードリーダーを実装できるコンポーネントライブラリです。WEBページ上でカメラを起動してリアルタイムでQRコードを読み取ることができます。他にもQRコードをアップロードして読み込むコンポーネントが搭載されています。簡単に実装できるコピペと触って体感できるサンプルを掲載しています。

「vue-upload-component」を使ってアップロードコンポーネントを実装する

「vue-upload-component」はファイルアップロードコンポーネントを実装できるライブラリです。ファイルアップロードコンポーネント、
マルチファイルアップロード、ディレクトリのアップロード、ドラッグアップロード、ディレクトリのドラッグ、同時に複数のファイルのアップロードを実装できます。コピペで実装できるサンプルを公開してます。

Google Cloud Storageのバケットに一般公開用の権限を設定する

今回は、PHPを使ってGoogle Cloud Storageのバケットにアップロードした画像に、一般ユーザーが閲覧するための権限を付与する方法を書きます。

[PHP]Google Cloud Storage にファイルをアップロードする際にアップロード先のフォルダを指定する

Google Cloud Storageのバケット内にディレクトリを作成し、そこにファイルをアップロードしたいと思います。

Google Cloud Storage にPHPを使ってファイルをアップロードする

Google Cloud Storageにバケットを作成し、バケットに権限を設定し、PHPを使ってバケットにファイルを設置するところまでを解説します。

Vue.jsを使って、もっとWordPressっぽいTinyMCE用メディアアップロードを実装する

今回は、Wordpressぽいメディアアップロードモーダルをちょっとバージョンアップをして、Vue.jsを導入しました。選択したファイルの「拡張子」とか「パス」とか「ファイル名」とかの情報を管理するのに、Vue.jsのリスト機能は理想的でした。JSON形式で情報を保持して、選択時に自動切り替え等々ができて、ちょー便利です!

メディアアップロードでリンク URLのデフォルトが「ファイルのURL」にする方法

クライアントからWordpressで記事にPDFを貼り付ける時に、「リンクURL」が空だと、ファイル名が貼られるだけになってしまうと言う問い合わせがありました。

ConohaのオブジェクトストレージをREST APIで操作する part3(オブジェクトのアップロードと確認)

コンテナにオブジェクトをアップロードしたり確認したりする方法をご紹介します。