Vue Moveableとは

Vue Moveableは、要素を回したり、伸ばしたり、ドラッグしたり、ピンチしたりできるコンポーネントライブラリです。

「Vue Moveable」を使って要素を回したり、伸ばしたりする 2

 

特徴

  • ドラッグし、ターゲットを移動します。
  • ターゲットの幅と高さを増減します。
  • ターゲットのxおよびyが変換のスケールになるかどうかを示します。
  • ターゲットを回転できます。
  • ターゲットを歪めることができます。
  • ターゲットがドラッグ、サイズ変更が可能な、拡張性の高い、回転可能に挟まできるかどうかを示します。
  • ドラッグ可能、サイズ変更可能、スケーラブル、回転可能なターゲットをグループ内で移動できるかどうかを示します。
  • スナップ可能にガイドラインにスナップするかどうかを示します。
  • SVG要素(svg、path、line、ellipse、g、rectなど)をサポート
  • サポートWebkit Safari(Mac、iOS)
  • 3D変換をサポート

 

インストール

以下のnpmCDNを使ってインストールします。

npm

npm i vue-moveable

CDN

<script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/[email protected]/dist/lib/VueMoveable.umd.min.js"></script>

 

gitリポジトリは以下から取得できます。

https://github.com/probil/vue-moveable

 

導入手順

1. ライブラリの取り込み

(1)webpack等の場合 [注意]モジュール版は未検証です。

import Moveable from 'vue-moveable';

(2)WEBページの場合

const Moveable = window['VueMoveable'];

2.メソッドを設定

Vue.componentに上記で取得した Moveable を読み込ませます。

moveableオブジェクトで、コンポーネントの設定を行います。

scalableresizablewarpable は共有できないので、どれか一つだけ true にします。

changeProp メソッドで上記の設定の切り替えを行います。

Vue.component('moveable', Moveable);

let app = new Vue({
  el: '#app',
  data: {
    moveable: {
      draggable: true,
      scalable: true,
      resizable: false,
      warpable :false,
      throttleDrag: 0,
      throttleResize: 1,
      keepRatio: false,
      throttleScale: 0,
      rotatable: true,
      throttleRotate: 0,
      pinchable: true,
      origin: false,
    }
  },
  methods: {
    changeProp:function(prop) {
      this.moveable.scalable = false;
      this.moveable.resizable = false;
      this.moveable.warpable = false;
      this.moveable[prop] = true;
    },
    handleDrag({ target, transform }) {
      target.style.transform = transform;
    },
    handleResize({
      target, width, height, delta,
    }) {
      delta[0] && (target.style.width = `${width}px`);
      delta[1] && (target.style.height = `${height}px`);
    },
    handleScale({ target, transform, scale }) {
      target.style.transform = transform;
    },
    handleRotate({ target, dist, transform }) {
      target.style.transform = transform;
    },
    handleWarp({ target, transform }) {
      target.style.transform = transform;
    },
    handlePinch({ target }) {
    },
  }
});

3. テンプレートを準備

<moveable> タグを設定します。

v-bind にデータで作成した moveableオブジェクトを設定します。

<div id="app">
  <moveable
    class="moveable"
    v-bind="moveable"
    @drag="handleDrag"
    @resize="handleResize"
    @scale="handleScale"
    @rotate="handleRotate"
    @warp="handleWarp"
    @pinch="handlePinch"
  >
    <span>Vue Moveable</span>
  </moveable>
  <div class="buttons able">
    <a href="#" :class="moveable.scalable == true ? 'selected':''" @click="changeProp('scalable', $event)">Scalable</a>
    <a href="#" :class="moveable.resizable == true ? 'selected':''"  @click="changeProp('resizable', $event)">Resizable</a>
    <a href="#" :class="moveable.warpable == true ? 'selected':''" @click="changeProp('warpable', $event)">Warpable</a>
  </div>
</div>

4. スタイルを適用

スクリプトだけだと上手いこと表示されてくれないので、下記のスタイルを適用します。

#app {
  font-family: Open Sans,sans-serif;
  position: relative;
  margin: 150px;
  padding: 0;
  height: 100%;
  color: #333;
  letter-spacing: 1px;
  font-weight: 300;
}
.moveable {
  font-family: Roboto,sans-serif;
  position: relative;
  width: 300px;
  height: 200px;
  text-align: center;
  font-size: 40px;
  margin: 0 auto;
  font-weight: 100;
  letter-spacing: 1px;
}
.moveable span {
  position: absolute;
  top: 50%;
  left: 50%;
  transform: translate(-50%,-50%);
  white-space: nowrap;
}
.buttons {
  text-align: center;
  margin-top: 25px;
  padding: 10px;
}
.buttons a {
  position: relative;
  text-decoration: none;
  color: #333;
  border: 1px solid #333;
  padding: 12px 30px;
  min-width: 140px;
  text-align: center;
  display: inline-block;
  box-sizing: border-box;
  margin: 5px;
  transition: all .5s ease;
}
.buttons.able a {
  min-width: auto;
  padding: 8px 20px;
}
.buttons a.selected, .buttons a:hover {
  background: #333;
  color: #fff;
}

 

サンプル

>>専用ページで確認する

 

さいごに

要素を回したり、伸ばしたり、ドラッグしたり、ピンチしたりできるコンポーネントライブラリでした。

このライブラリは面白いですね!
パワポみたいに要素をぐりぐりいじれて楽しいです。

当ブログでも割とアクセスを稼いでいる、Canvasの記事と相性が良さそうです。
時間があったら試してみようっと!

Canvasを使って手書きの署名機能を実装する

 

今日はこの辺でー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください