Laravelの導入初期時500エラーの解消法

環境

PHP:7.1.27
Laravel:5.7

はじめに

前回、Cloud9にLaravel5.7を導入する記事を書きました。
参考↓

Cloud9にLaravel5.7を実装する

 

環境できたーと喜ぶのもつかの間に、500エラー地獄にハマりました。

 

500エラーが発生

環境もできた、PHPも動いた、DBも問題無い。

よーし、やるぞ!と始めるも、

 

 

500エラー!!

 

PHPのバージョンアップから続くトライアンドエラーの日々を表すかのような砂漠のイラスト・・・

まさに管理人の心を表すかのようです・・・

 

 

envがない

ーーー砂漠をヒタヒタ彷徨うこと数時間

 

ログを見ると下記エラーが・・・

[2018-11-26 07:34:07] production.ERROR: No application encryption key has been specified. {"exception":"[object] (RuntimeException(code: 0): No application encryption key has been specified. at /home/ubuntu/workspace/vendor/laravel/framework/src/Illuminate/Encryption/EncryptionServiceProvider.php:44)

 

encryption keyが無い?

それ原因なのかーと.envを探すも・・・

 

.envがない!

 

前に触った時は、composerでインストールしたので、自動生成された?ので気が付きませんでしたが、よく見ると.envがありません。

試しに.envを作って、encryption keyを記述してみる。

cp .env.example .env
php artisan key:generate
php artisan config:clear

 

これで・・・

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

ようやくLaravelが動きました・・・

 

まとめ

・環境構築初期には「.env」があるか確認する。

・500エラーが起きても立ち止まらない(ヒタヒタ歩く。

・エラーが起きたらログを確認する←もっと早く確認しとけばよかった。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください