はじめに

今回は、以下の記事を参考にして

「vuejs-paginate」を使ってページネーションを実装する

 

別のページに移動した後に、ブラウザバックで戻ってきてもページネーションを維持する方法を記事にしたいと思います。

 

Vue Routerを使う

ページネーションを維持する方法には、いくつかアイデアがありますが(session Storageなど)今回はVue Routerを使って維持をしていきたいと思います。

Vue Routerを知らない方は一先ず以下のURLをチラ見してください。

https://router.vuejs.org/ja/guide/#html

 

環境

Vue.js 2.6.1
vuejs-paginate 2.1.0
vue-router 3.1.5

 

導入

完成理想像

ブラウザバックしてもページネーションを維持させる方法

ライブラリの呼び出し

まず必要なライブラリを呼び出します。
Bootstrapは完全に管理人の好みです。(そのうちVuetifyも使いたいなあ

<script src="https://unpkg.com/[email protected]"></script>
<script src="https://unpkg.com/vue-router/dist/vue-router.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdn.bootcss.com/bootstrap/3.3.5/css/bootstrap.css">

スクリプト

forループでダミーデータを作成しています。

 Vue Routerは、動的ルートマッチングを利用しています。
 動的セグメントpageを使用しています。
ページャーをクリックすると、clickCallbackメソッドでURLにパラメーターが付加されます。

ページにアクセス(ブラウザバックなど)した際に、URLにパラメーターが付加されていると this.$route.params.page を使ってcurrentPageにページ番号を設定します。

 Vue Routerの設定についてはもうちょっといいやり方があるかもしれません。(スマートな方法募集

const items = [];

for(let i=1; i<=105; i++){
  items.push({
    id: i,
    title: 'item-'+i
  });
}

Vue.component('paginate', VuejsPaginate);

const router = new VueRouter({
  routes: [{
    path: '/pages/:page',
    name: 'page' 
  }]
});

new Vue({
  router,
  data: function(){
    return {
      items: items,
      parPage: 10,
      currentPage: this.currentPage = this.$route.params.page || 1
    }
  },
  methods: {
    clickCallback: function () {
      this.$router.push({ 
        name: 'page', 
        params: { 
          page: this.currentPage 
        }
      });   
    }
  },
  computed: {
    getItems: function() {
      return this.items;
    },
    getLists: function(){
      let current = this.currentPage * this.parPage;
      let start = current - this.parPage;
      return this.getItems.slice(start, current);
    },
    getPageCount: function() {
      return Math.ceil(this.getItems.length / this.parPage);
    }
  }
}).$mount('#app');

HTML

リストの出力は<table>で行っています。

<div id="app" class="container">
  <a href="">test</a>
  <h2>page {{currentPage}}</h2>
  <table class="table table-bordered">
    <thead>
      <tr>
        <th>ID</th>
        <th>Title</th>
      </tr>
    </thead>
    <tbody>
      <tr v-for="item in getLists">
        <td>{{item.id}}</td>
        <td>{{item.title}}</td>
      </tr>
    </tbody>
  </table>
  <paginate
    v-model="currentPage"
    :page-count="getPageCount"
    :initial-page="4"
    :page-range="3"
    :margin-pages="2"
    :click-handler="clickCallback"
    :prev-text="'<'"
    :next-text="'>'"
    :container-class="'pagination'"
    :page-class="'page-item'">
  </paginate>
</div>

 

サンプル

>>専用ページで確認する

 

さいごに

ブラウザバックで戻ってきてもページネーションを維持する方法でした。

Vue Routerを使い慣れて無さすぎて、スマートな方法が分かりません・・・。

気になるところがあったらコメントください。

 

今日はこの辺でー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください