Scroll UI Components vue.js ライブラリ

「vue-scroll-sync」で複数のスクロールバーが連動してスクロールしてくれる

「vue-scroll-sync」で連動してスクロールしてくれる

vue-scroll-syncとは

vue-scroll-syncは、複数のスクロールバーが連動してスクロールしてくれるライブラリです。

タテ方向の連動やヨコ方向連動などを選択することが可能です。

またグループ化することで、グループ内の縦横連動ができます。

 

「vue-scroll-sync」で連動してスクロールしてくれる

 

環境

Vue 2.6.10
vue-scroll-sync 1.0.5

 

インストール

以下のnpmCDNを使ってインストールします。

npm

npm i --save vue-scroll-sync

CDN

<script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/[email protected]/dist/scroll-sync.min.js"></script>

 

gitリポジトリは以下から取得できます。

https://github.com/metawin-m/vue-scroll-sync

 

導入手順

1. ライブラリの取り込み

(1)webpack等の場合 [注意]モジュール版は未検証です。

import ScrollSync from 'vue-scroll-sync';

(2)WEBページの場合

なし

2.メソッドを設定

ScrollSyncはモジュールの場合は上記の取得を行い、CDNの場合は勝手に定義されます。
これを Vue.use に取り込みます。

Vue.use(ScrollSync);

let app = new Vue({
  el: '#app',
});

3. テンプレートを準備

<scroll-sync> を設置します。

今回は、縦方向の連動を行う vertica プロパティを設定します。

もし横方向を設定したい場合は、horizontal  を設定します。

[注意] サンプルはケバブケースで記載しています。

<div id="app">
  <div class="box">
    <scroll-sync class="hold" vertical >
        つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)
    </scroll-sync>
    <scroll-sync class="hold" vertical >
        つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)
    </scroll-sync>
    <scroll-sync class="hold" vertical >
        つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(Wikipediaより)
    </scroll-sync>
  </div>
</div>

サンプル用スタイル

サンプル用に以下のスタイルを利用します。

.box {
  height: 350px;
}
#app .hold {
  width: 28%;
  margin-right: 5px;
  padding: 10px;
  border: 1px solid #dcdcdc;
  float: left;
}

 

サンプル

>>専用ページで確認する

 

さいごに

複数のスクロールバーが連動してスクロールしてくれるライブラリでした。

いまのところ利用する場面は浮かびませんが(管理人的に)、面白いライブラリなので触ってみてください。

今日はこの辺でー

 

コバナシ

記事とまったく関係ないのですが、最近Progateを利用しています。

progate

 

本業はPHPプログラマーなのですが、心機一転でRubyの勉強してます。

修了レッスン

 

Railsがもうちょいで終わりそうです。

 

よーしがんばるぞー

 

的な近況話でした。(ステマではないです。

 

 

  • この記事を書いた人

カバノキ

印刷会社のWEB部隊に所属してます。 WEB制作に携わってから、もう時期10年になります。 普段の業務では、PHPをメインにサーバーサイドの言語を扱っています。 最近のお気に入りはJavascriptです。 Vue.jsを狂喜乱舞しながら、社内に布教中です。

-Scroll, UI Components, vue.js, ライブラリ
-, , ,