忘れないように記録しとこ

phpenvをFreeTypeに対応させる

動作環境

サーバー: さくら 1G SSD
OS: CentOS 6.5
Webserver: apache 2.4

 

FreeTypeって何に使うの?

「freetype」って、言われてぱっとあれだと思える人って多く無いと思います(思わない?

具体的に言うの下記画像の通りです。
freetype
お問い合わせフォームとかでスパム対策に使う奴に使います。

 

 

phpenvにFreeTypeを設定させる

まずphpenvに設定をする。

$ cd
$ cd .phpenv/plugins/php-build/share/php-build/
$ sudo vi default_configure_options

「default_configure_options」の先頭に「–with-freetype-dir=/usr」を記述する。

--with-freetype-dir=/usr
~~~~~~~~~

freetypeをインストールする。

$ sudo yum install -y freetype freetype-devel

PHPを再度インストールする。

$ phpenv install 5.6.17
$ cd
$ sudo cp /usr/lib64/httpd/modules/libphp5.so .phpenv/versions/5.6.17/libexec/libphp5.so

apacheを再起動する。

$ sudo service httpd restart

さてphpinfo()で確認します。

freetype2

 

無事設定できたようです。

お疲れ様でした。

 

おまけ

phpenvを導入してphpのバージョン管理をする

phpenvとapacheを連携させる

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください