サイト速度改善

CodePenをJSFiddleに替えたらサイト速度が劇的改善した

2019年5月10日

はじめに

先日から当ブログのサイト速度改善を進めています。

PageSpeed Insightsを利用して確認しています。

 

サイト速度はSEOに関係してる?

正直ここらへんの知識はありません。

でも多少は考慮してる旨のソースがあるので、信じて対応してます。

モバイル検索の上位表示にページ速度はどのくらい重要なのか

 

体感速度とPageSpeed Insightsの乖離

 

正直、今までもサイト速度が遅いとは思っていませんでしたが、PageSpeed Insightsの評価は芳しくありませんでした。

 

低評価の大半は埋め込みのCodePen

 

当ブログの方針として、ソースコード + サンプル で実際に触れるようにしています。

サンプルにはCodePenの埋め込みを使用しています。

この埋め込みがPageSpeed Insightsに大きく影響を与えています。

 

JSFiddleに替えてみた

 

試しにJSFiddleに変えてみました。

 

めちゃくちゃ評価が上がった。

 

上がり過ぎて鼻水がでました。

 

JSFiddleはビジュアルとスマホ対応が課題

速さは素晴らしいのですが、CodePenの埋め込みと比べるとJSFiddleのビジュアルは貧弱な気がします。

 

 

またスマホ対応でもCodePenに一歩遅れてる気がします。

 

スマホで確認するサンプルはCodePenの方が良さそうですねー。

 

それでも魅力的なJSFiddleの速度

当ブログの性質上、一つの記事に埋め込みのサンプルが3個以上乗ります。(最近はサイト速度を気にして減らしていた

埋め込みが1つ増える毎にPageSpeed Insightsの評価が5~10減っています。

そう考えるとJSFiddleは当ブログと相性が良いです。

 

WordPressにJSFiddleを埋め込む方法

通常のWordPressだとJSFiddleを埋め込むことができません。

WordPressで使用するには以下の記事を参考にしてください。

JSFiddle Embed をWordPressに埋め込む方法

 

まとめ

Vue.js等のブログを書くときに、サンプルを乗せるならJSFiddleを使う方がサイト速度的に有利になりそうです。

もっともスマホ等の対応を考えるならCodePenを使うのがベターかもしれません。

 

  • この記事を書いた人

カバノキ

印刷会社のWEB部隊に所属してます。 WEB制作に携わってから、もう時期10年になります。 普段の業務では、PHPをメインにサーバーサイドの言語を扱っています。 最近のお気に入りはJavascriptです。 Vue.jsを狂喜乱舞しながら、社内に布教中です。

-サイト速度改善
-, , , ,