file_get_contentsでPDFの設置フォルダを偽装しつつブラウザに展開する

IR情報等のPDFを公開する時に、厳密な時間で公開しないとダメが時があります。
file_get_contents()を使うことで、PDFの設置箇所を偽装しつつ、タイマー機能で時間になるとPDFが閲覧が可能になります。

WADAX共用サーバーにMicrosoft Flow を使ってブログの更新をPOSTする

WADAX様の共用サーバーは、セキュリティが硬いと思っています(管理人的に) なので、ECサイト等の個人情報を取り扱う時は、WADAX様を使うことがしばしばしかし、セキュリティが硬い故に困った事があります。

file_get_contentsでベーシック認証の掛かったコンテンツを取得する

file_get_contents() が http接続でファイルを取得してくるとうことは、

ブラウザでアクセスするとの原理は一緒です。

つまり、ページあるいは、ファイルに対してベーシック認証がかけられているとファイルが取得できないということです。

かと言って、一般の接続はお断りしたいような内容だったりする場合、ベーシック認証を外すのは難しいです。