忘れないように記録しとこ

カスタム投稿タイプのプレビュー機能をオフにする

環境

WordPress:4.8

 

ぷれびゅー?使わない・・・

WordPressにはデフォルトでプレビュー機能が搭載されています。

自力で作ろうとすると割りと面倒な機能なので、非常にありがたいです。

 

 

しかし、これがいらない時もあります。

そうなった時にはどうしたら良いのか・・・

 

プレビュー機能を非表示にする

迷ったらマニュアルを見るに限ります。

というわけで、調べて見ると下記URLにそれらしい記述を見つけました。

https://wpdocs.osdn.jp/関数リファレンス/register_post_type

 

publicly_queryable
(真偽値) (オプション) フロントエンドで post_type クエリが実行可能かどうか。これは parse_request() の一部として実行される。
初期値: public 引数の値
参考:次のようなクエリが影響を受ける(リライトによっても)。
?post_type={投稿タイプのキー}
?{投稿タイプのキー}={投稿のスラッグ}
?{投稿タイプの query_var}={投稿のスラッグ}
参考: FALSE にセットすると、カスタム投稿をプレビューも表示もできなくなる(404 エラーを返す)。

 

カスタム投稿を設定する時は、下記のようなregister_post_typeを設定するかと思います。

 

register_post_type( 'support', array(
'labels' => $labels,
'public' => true,
'publicly_queryable' => true,
'show_ui' => true,
'show_in_menu' => true,
'query_var' => true,
'rewrite' => array( 'slug' => 'support' ),
'capability_type' => 'post',
'has_archive' => true,
'hierarchical' => false,
'menu_position' => null,
'supports' => array( 'title', 'editor', 'author', 'thumbnail', 'excerpt', 'comments' )
) );

 

この時に「publicly_queryable」をfalseに設定することで、プレビュー機能をオフにすることが可能です。

 

 

今日はこの辺でー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください