file_get_contentsでPDFの設置フォルダを偽装しつつブラウザに展開する

IR情報等のPDFを公開する時に、厳密な時間で公開しないとダメが時があります。
file_get_contents()を使うことで、PDFの設置箇所を偽装しつつ、タイマー機能で時間になるとPDFが閲覧が可能になります。