忘れないように記録しとこ

apache起動時にエラーが発生した

検証環境

サーバー: さくら 1G SSD
OS: CentOS 6.5
webserver: フロント:nginx バック:apache
※リパースプロキシを利用

 

apache起動時にエラーが表示される

ある日ページにアクセスした時のことです。

502 Bad Gateway

えっ、し、死んでる!
apacheが死んでる?

急いでapacheを起動しようとすると以下のような状態になりました。

$ sudo service httpd start
httpd を起動中: (98)Address already in use: make_sock: could not bind to address [::]:443
(98)Address already in use: make_sock: could not bind to address 0.0.0.0:443
no listening sockets available, shutting down
Unable to open logs

 

うーむ、エラーの文面を読むと443ポートは利用済みだよーとのことです。
443ポートという事は、SSLを利用するポートですねー・・・・あ!

 

nginxとapacheの両方で443ポートを利用している

はい、完全に間抜けなミスです。

このサーバーでは、nginxがリバースプロキシでapacheを呼び出しています。
そして、naginxとapacheに以下の設定をしていました。

・apache設定

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
#
# When we also provide SSL we have to listen to the
# the HTTPS port in addition.
#
Listen 443
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・nginx設定

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ssl on;
listen 443 ssl;
server_name hoge.com:443;

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

うかつ、うかつです。
リバースプロキシを設定する前のapachの設定ファイルが残っていました・・・

というわけで今回は、apacheの設定ファイルを無効化します。

$ cd /etc/apache/conf.d
$ sudo mv ssl-vhost.conf ssl-vhost.conf_bck

そして、apacheを起動してみる。

$ sudo service httpd start

設定漏れって怖い・・・

以上、お疲れ様でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください