Cloud9にLaravel5.7を実装する

はじめに

急遽、Laravelを使用するプロジェクトに参加する事になりました。

そのため勉強し直そうかと思ったら、Laravelの要求PHPが7.1.7以上なので、普段使ってるローカル環境だと実装できず断念(Dockerを覚えなくては・・・。

仕方なく、個人的に利用していたCloud9を使うことにしました。

 

Cloud9のPHPバージョンを上げる

そもそもCloud9にLaravelを実装するのが簡単なのか問題ですが、簡単ではありませんでした。

まず初めにつまずくのが、PHPのバージョンです。

Cloud9のPHPバージョンは、5.5.xです。

この時点で実装不可です。

 

そこでPHPのバージョンを上げます。

下記サイトを元に作業

Cloud9 で PHP 7 コピペ用

sudo apt-get update
sudo apt-get install libmcrypt-dev
sudo apt-get install php-mcrypt
sudo apt-get install php-curl

sudo apt-get install libcurl4-gnutls-dev

curl -L -O https://github.com/phpbrew/phpbrew/raw/master/phpbrew
chmod +x phpbrew
sudo mv phpbrew /usr/local/bin/
phpbrew init
[[ -e ~/.phpbrew/bashrc ]] && source ~/.phpbrew/bashrc
phpbrew lookup-prefix ubuntu
phpbrew install 7.1 +default +mysql +pdo +fpm +opcache +intl
phpbrew switch php-7.1.24
phpbrew use php-7.1.24
php -v

 

これでLaravelのCLが使えるようになりました。

 

apacheとPHPが紐付かない

しかし、これだけだとapacheとPHPが紐付かず。

phpinfo()で確認するとまだPHP5.5のままでした。

 

そこで有志のインストラーを利用します。

 

インストーラーを利用してapacheとPHPを紐づけた環境を構築する

下記サイトを参考に環境整えます。

 

Install Laravel 5.7 and PHP 7.1 in Cloud9

git clone https://github.com/obuxim/c9phplaravel.git
cd c9phplaravel
chmod +x install.sh
./install.sh

たったこれだけでapacheとPHPが繋がった環境が構築できます!

DBを導入する

これはいつもと同じで問題ありません。

mysql-ctl start
mysql-ctl cli
phpmyadmin-ctl install

 

まとめ

これでCloud9の環境へ、CL用のPHPバージョンアップとWEBサーバー用のPHPバージョンアップができました。

片方づつだけだと駄目なのでなかなか苦戦しましたが、これでLaravelの勉強が進められそうです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください