忘れないように記録しとこ

Canvasに「戻る」や「進む」の機能を搭載してみた

はじめに

前々からCanvasにペイントツールのような「戻る」や「進む」の機能が欲しいなと思っていました。

という訳で作ってみました!

 

作ってみる

 

■HTML

<canvas id="canvassample" width="500" height="300"></canvas>
<div>
 <button type="button" onclick="prevCanvas()">戻る</button>
 <button type="button" onclick="nextCanvas()">進む</button>
</div>

 

■CSS

canvas {
            position: relative;
            border:3px solid #000;
        }

        div#img-box{
          border:3px solid #000;
          width:500px;
        }

        div#btn-box{
            position: fixed;
            bottom :0px;
        }

 

■JavaScript

var canvas = document.getElementById('canvassample'),
    ctx = canvas.getContext('2d'),
    moveflg = 0,
    Xpoint,
    Ypoint,
    currentCanvas,
    temp = [];
 
//初期値(サイズ、色、アルファ値)の決定
var defSize = 7,
    defColor = "#555";
 

// ストレージの初期化
var myStorage = localStorage;
window.onload = initLocalStorage();
 
 
// PC対応
canvas.addEventListener('mousedown', startPoint, false);
canvas.addEventListener('mousemove', movePoint, false);
canvas.addEventListener('mouseup', endPoint, false);
// スマホ対応
canvas.addEventListener('touchstart', startPoint, false);
canvas.addEventListener('touchmove', movePoint, false);
canvas.addEventListener('touchend', endPoint, false);
 
function startPoint(e){
  e.preventDefault();
  ctx.beginPath();
  console.log(e.clientX);
 
   
  // 矢印の先っぽから始まるように調整
  Xpoint = e.clientX-8;
  Ypoint = e.clientY-8;
   
  ctx.moveTo(Xpoint, Ypoint);
}
 
function movePoint(e){
  if(e.buttons === 1 || e.witch === 1 || e.type == 'touchmove')
  {
    Xpoint = e.pageX-8;
   Ypoint = e.pageY-8;
    moveflg = 1;
     
    ctx.lineTo(Xpoint, Ypoint);
    ctx.lineCap = "round";
    ctx.lineWidth = defSize * 2;
    ctx.strokeStyle = defColor;
    ctx.stroke();
     
  }
}
 
function endPoint(e)
{
    if(moveflg === 0)
    {
       ctx.lineTo(Xpoint-1, Ypoint-1);
       ctx.lineCap = "round";
       ctx.lineWidth = defSize * 2;
       ctx.strokeStyle = defColor;
       ctx.stroke();
        
    }
    moveflg = 0;
    
    setLocalStoreage();
}

function resetCanvas() {
    ctx.clearRect(0, 0, ctx.canvas.clientWidth, ctx.canvas.clientHeight);
}



function initLocalStorage(){
    myStorage.setItem("__log", JSON.stringify([]));
}
function setLocalStoreage(){
    var png = canvas.toDataURL();
    var logs = JSON.parse(myStorage.getItem("__log"));

    setTimeout(function(){
        logs.unshift({png});

        myStorage.setItem("__log", JSON.stringify(logs));

        currentCanvas = 0;
        temp = [];

    }, 0);
}

function prevCanvas(){
    var logs = JSON.parse(myStorage.getItem("__log"));

    if(logs.length &gt; 0)
    {
        temp.unshift(logs.shift());

        setTimeout(function(){
            myStorage.setItem("__log", JSON.stringify(logs));
            resetCanvas();

            draw(logs[0]['png']);

        }, 0);
    }
}

function nextCanvas(){
    var logs = JSON.parse(myStorage.getItem("__log"));

    if(temp.length &gt; 0)
    {
        logs.unshift(temp.shift());

        setTimeout(function(){
            myStorage.setItem("__log", JSON.stringify(logs));
            resetCanvas();

            draw(logs[0]['png']);

        }, 0);
    }
}

function draw(src) {
    var img = new Image();
    img.src = src;

    img.onload = function() {
        ctx.drawImage(img, 0, 0);
    }
}

 

■デモ

See the Pen Canvas to go back and forward by カバの樹 (@kabanoki) on CodePen.0

 

解説

動作の流れをざっくり説明すると、以下になります。

  1. Canvasに文字を書く
  2. Canvasを画像化する
  3. 画像を配列に格納してローカルストレージに保存
  4. ローカルストレージの配列から画像を取得
  5. Canvasに反映する

 

■Canvasに文字を書く

過去のこの記事を参考

Canvasを使って手書きの署名機能を実装する

 

■Canvasを画像化する

過去のこの記事を参考

Canvasで書いたものを画像に変換する

 

■画像を配列に格納してローカルストレージに保存

まず下記設定でローカルストレージを呼び出しつつ、初期化します。

// ストレージの呼び出し
var myStorage = localStorage;

// ストレージの初期化
window.onload = initLocalStorage();

function initLocalStorage(){
  myStorage.setItem("__log", JSON.stringify([]));
}

 

次に、画像を配列に格納して、ローカルストレージに保存します。

function setLocalStoreage() {
   // 履歴データ保存用の変数
   // これは履歴を戻った時に、戻る前の画像データを一時確保しておく為のもの
  var temp = []
   // 画像化する
  var png = canvas.toDataURL();
  // ローカルストレージから配列を取得
  var logs = JSON.parse(myStorage.getItem("__log"));

  setTimeout(function(){
    // 配列に画像を格納
    logs.unshift({png});
    // ローカルストレージに配列を保存
    myStorage.setItem("__log", JSON.stringify(logs));

    currentCanvas = 0;
    // 履歴を初期化
    temp = [];

  }, 0);
}

 

 

■ローカルストレージの配列から画像を取得

ローカルストレージに保存されている配列を利用して、Canvasを戻したり進めたりする機能を実装する。

// Canvasを戻す
function prevCanvas(){
  var logs = JSON.parse(myStorage.getItem("__log"));

  if(logs.length > 0)
  {
    temp.unshift(logs.shift());

    setTimeout(function(){
       myStorage.setItem("__log", JSON.stringify(logs));
      //Canvasを初期化する
      resetCanvas(); 
      //画像を描写する
      draw(logs[0]['png']);

    }, 0);
  }
}

// Canvasを進める
function nextCanvas(){
  var logs = JSON.parse(myStorage.getItem("__log"));

  if(temp.length > 0)
  {
    logs.unshift(temp.shift());

    setTimeout(function(){
      myStorage.setItem("__log", JSON.stringify(logs));
      //Canvasを初期化する
      resetCanvas();
      //画像を描写する
      draw(logs[0]['png']);

    }, 0);
  }
}

 

■Canvasに反映

Canvasに画像を描写します。

function draw(src) {
  var img = new Image();
  img.src = src;
  img.onload = function() {
    ctx.drawImage(img, 0, 0);
  }
}

 

いかがでしょうか?

今日はこの辺でー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください